おすすめ記事

【米国市況】ハイテク中心に株上昇、国債利回り低下-ドル144円台前半

記事を要約すると以下のとおり。

8日の米株式市場ではS&P500種株価指数が続伸。
エヌビディアが高い。
米当局  S&P500種は先週、経済データが強弱まちまちな内容となる中、週間ベースで昨年10月以来の大幅下落となっていた。
 シルバークレスト・アセット・マネジメントのマネジングディレクター、ロバート・ティーター氏は「昨年末に見られたバリュエーション主導の値上がりは、2024年に見込まれる上昇分を先取りした面があり、それが24年の相場予想を難しくしている。」
3社はそろって売上高見通し引き上げ、ホリデー商戦が好調  医療器具メーカーのボストン・サイエンティフィックも上昇。
同社は医療テクノロジー会社アクソニクスを買収-37億ドル規模国債  米国債は上昇(利回りは低下)原油急落のほか、消費者調査で短期のインフレ期待が低下したことが手掛かり。
同オプションは8日時点で、連邦公開市場委員会(FOMC)が今年2回目の政策決定を発表する3月20日に金利を約16ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)引き下げるとの見方を織り込んでいる。
1年先の米インフレ期待が低下、2021年1月来の低水準-NY連銀調査外為  外国為替市場ではドルが下落。
為替直近値前営業日比変化率ブルームバーグ・ドル指数1221.97-2.17-0.9%上昇となっていた。
 ドルは対円でも下げ、一時1ドル=143円66銭を付けた。
中国人民銀行(中央銀行)は経済全体のファイナンス規模と与信の適切な伸びをしっかりと支えるため、預金準備率など多様な金融政策ツールを活用すると表明した。
サウジアラビアによる原油販売価格引き下げが意識された。
しかし、大手2社はこうした取引の存在を即座に否定している。
   ニューヨーク金相場は下落。
トレーダーは米金融政策の見通しに関する手掛かりを得ようと、今週発表の米インフレ統計に注目している。
ブルームバーグがまとめたデータによると、ETFが保有する金は5日の取引で10万5259オンス減少。
金相場を動かす次の主要材料は、11日に発表される12月米消費者物価指数(CPI)となる可能性がある。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】ハイテク中心に株上昇、国債利回り低下-ドル144円台前半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう