おすすめ記事

【米国市況】株続伸、中間選挙控えて幅広い銘柄に買い-ドル146円後半

記事を要約すると以下のとおり。

7日の米株式相場は続伸。
取引終盤に日中高値を付け、業種別11指数のうち8指数が上昇した。
ヘルスケア銘柄の上昇が目立つ中、他の指数をしのぐ上昇率となった。
これは債券利回り低下と株価上昇のきっかけになり得るとし、弱気相場の中の反発継続に十分な理由になるだろうと論じた。
 ミラー・タバクのチーフ市場ストラテジスト、マット・メイリー氏は「米議会の構成が今週には判明しない可能性があるため、10日に発表される米消費者物価指数(CPI)はまたしても非常に重要だ」とリポートで指摘した。
中間選挙を前にして米国株が上昇する中で軟調となった。
ニューヨーク時間午後4時12分現在、ドルは対円で0.1%未満安い1ドル=146円57銭。
「そうは言っても、現在の市場動向に対する最大の試練は10日発表の米CPIだ。」
中国は「ゼロコロナ」政策を堅持するとの衛生当局者発言を受け、需要回復期待がしぼんだ。
ロンドンICEの北海ブレント1月限は65セント安の97.92ドル。
WTI原油先物日中の動き出所:NYMEX  金スポット価格は小幅に反落。
一方、ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は3.90ドル(0.2%)高の1680.50ドルで終了した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株続伸、中間選挙控えて幅広い銘柄に買い-ドル146円後半

Twitterでの意見

CryptoTurbo55
【米国市況】株続伸、中間選挙控えて幅広い銘柄に買い-ドル146円後半 via
らふのゆき@ラフロイグと出羽「雪」自然酒。
「共和党が上下両院で多数派となれば、米国債価格は上昇すると回答者429人の43%が回答した。一方、民主党が両院で持ちこたえればドルは上昇を続けるとの見方が39%だった」 【米国市況】株続伸、中間選挙控えて幅広い銘柄に買い-ドル146円後半 から
snufkin
米株式相場は続伸。週内に中間選挙や物価統計の発表を控える中、小型株から優良株まで幅広い銘柄が買われた。ドルは対円で上げを消して1ドル=146円台後半と、前週末からほぼ変わらず--【米国市況】株続伸、中間選挙控えて幅広い銘柄に買い-ドル146…
kyookine
【米国市況】 株続伸、中間選挙前に幅広い銘柄に買い 米国債下落、10年債利回り4.22%に上昇 ドル下落、対円では146円台後半-ユーロ高い 原油反落、中国がゼロコロナ堅持の方針 金小反落、重要イベント控えて動きづらく

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう