おすすめ記事

【米国市況】S&P500種反落、ハイテク中心に売り-ドル133円台半ば

記事を要約すると以下のとおり。

27日の米株式市場ではS&P500種株価指数が反落。
ハイテク銘柄中心のナスダック100指数は1.5%安。
大手テクノロジー株が売られる中、多数の便を欠航とした。
一方、ダウ工業株30種平均は小幅高。
「こうした緩やかな下り坂となるだけなら、米当局は利上げを停止しても、金利を高水準で据え置くだろう」と述べた。
中国によるコロナ制限措置緩和の決定はインフレにつながるとの警戒が広がった。
インフレの減速ペースは米金融当局が望むよりも若干緩やかになる可能性があると述べた。
一方、資源国通貨は値上がりした。
中国による一段の渡航制限緩和が需要拡大につながるとみられている。
 エナジー・アスペクツの調査責任者アムリタ・セン氏は、想定より早期の中国の経済再開はガソリンやジェット燃料需要を誘発する見通しだとブルームバーグテレビジョンで指摘。
ロンドンICEの北海ブレント2月限は、41セント高の84.33ドルで終了した。
 23日に公表された米個人消費支出(PCE)の統計でインフレの鈍化と個人消費の減速が示唆されたことも市場は消化している。
ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は18.90ドル(1.1%)高い1823.10ドルで終了した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】S&P500種反落、ハイテク中心に売り-ドル133円台半ば

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう