おすすめ記事

【MLIV】日銀YCC修正、グローバルな影響が大きい-ドル社債に逆風

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行によるイールドカーブ・コントロール(YCC、長短金利操作)修正という予想外の決定は、債券市場のボラティリティーを高め、2023年にかけ社債発行のタイミングを調整する企業にとって、一段と困難が増す公算が大きい。
 それでも影響を抑えると期待される要素が一つあるとすれば、今年は円の投資家にとって為替ヘッジのコストが高く、ドル建て社債の魅力が既に低下していることが挙げられよう。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【MLIV】日銀YCC修正、グローバルな影響が大きい-ドル社債に逆風

Twitterでの意見

EIJI HADANO
グローバル景気のリセッション懸念が後退する中、🇯🇵TOPIXバリュー株指数が昨年来高値を僅かに更新した。足元では米国株の影響を受けてグロース株優位の展開が続いてきたが、バリュー株は出遅れながらも着実に上値を伸ばしている。特に日銀の政策修正期待…
Masa
グローバル景気のリセッション懸念が後退する中、🇯🇵TOPIXバリュー株指数が昨年来高値を僅かに更新した。足元では米国株の影響を受けてグロース株優位の展開が続いてきたが、バリュー株は出遅れながらも着実に上値を伸ばしている。特に日銀の政策修正期待を背景とした銀行株の上昇が大きく寄与している

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう