おすすめ記事

みずほFG、「移行金融」なくして脱炭素なし-インタビュー特集

記事を要約すると以下のとおり。

脱炭素の機運が世界的に高まる中、金融機関に求められる役割はかつてないほど大きくなりつつある。
 トランジションは、現状グリーンとは呼べないが、将来的に脱炭素への移行を実現するための事業に調達資金を充てる考え方だ。
このうちの一つが、角田氏が初代部長に就任したサステナブルビジネス部だ。
 例えば社債市場では、2020年度以降の国内の発行額が前年のペースを下回っているが、ESG債の比率は高まっている。
22年度は10月12日時点のデータ。
 二酸化炭素(CO2)を多く排出する産業では、グリーンの名の下での資金調達が困難な場合があるが、トランジションは既存のファイナンスの代替ではなく「追加的な投資の部分なので、ここにいかに対応していくかが大事だ」と強調する。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース みずほFG、「移行金融」なくして脱炭素なし-インタビュー特集

Twitterでの意見

蔵元左近 (Sakon Kuramoto)|弁護士(日本、米国NY州)
みずほFG、「移行金融」なくして脱炭素なし-インタビュー特集⇒今週のESG Weekly。3回にわたって3メガ銀ESG担当者のインタビューをお届けします。 より
SMNF
みずほFG、「移行金融」なくして脱炭素なし-インタビュー特集
Manami Ichi
みずほFG、「移行金融」なくして脱炭素なし-インタビュー特集 - Bloomberg 2022年10月14日 6:00 JST •社債市場でESG債の比率高まる、既存ファイナンスの代替に •トランジションは追加的な投資、脱炭素を進める重要ツール .
ワールドニュース of ビジネス/株式/FX/仮想通貨
[Bloomberg] みずほFG、「移行金融」なくして脱炭素なし-インタビュー特集 脱炭素の機運が世界的に高まる中、金融機関に求められる役割はかつてないほど大きくなりつつある。ブルームバーグは、国内3メガ銀行グループのESG(環境...
hagiwararyu
BloombergJapanさんから みずほFG、「移行金融」なくして脱炭素なし-インタビュー特集   10月14日7時07分台のニュースでした

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう