おすすめ記事

ゴールドマン、原油年後半に100ドル突破予測-「OPECプット」期待

記事を要約すると以下のとおり。

国際原油市場が6月以降、需要拡大で再び供給不足に陥る結果、北海原油代表油種ブレント相場は10-12月(第4四半期)までに1バレル=105ドルに上昇し、石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」は昨年10月に決めた日量200万バレル減産を反転させる可能性がある。
OPECプラスが引き続き先手を取ることに最近集中し、日量230万バレルの繰り延べ分の需要増を見込んでいることから考えても、さらなる減産はありそうにない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ゴールドマン、原油年後半に100ドル突破予測-「OPECプット」期待

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう