おすすめ記事

ファンドマネジャー好機予感、米国債利回りFF下回る-買いサインか

記事を要約すると以下のとおり。

債券は買いという確信が、ファンドマネジャーが過去約30年で最悪だった今年を忘れる助けになっている。
 14日のFOMC会合後には、参加者によるターミナルレート(利上げの最終到達点)とインフレ率の予想中央値の上方修正が公表された。
 FOMC後に米国債利回りが新たな高水準に達することはないと投資家は自信を深めた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ファンドマネジャー好機予感、米国債利回りFF下回る-買いサインか

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう