おすすめ記事

マツダ、電動化に協業先と1.5兆円投資-電池調達に中国系を追加

記事を要約すると以下のとおり。

マツダは2030年までに電気自動車(EV)などの電動化に対応するため、協業先との合計で約1兆5000億円を投資する。
マツダのロゴPhotographer:KiyoshiOta/Bloomberg  マツダの電動化投資の金額やエンビジョンAESCからの電池調達にかかる費用は30年までの累計で数千億円に上るという。
その後、30年までにEV専用車の本格導入を進め、「電池生産への投資などを視野に入れていく。」
マツダの丸本社長Photographer:PatrickT.Fallon/Bloomberg  また、マツダはロームや今仙電の株価は22日午後の取引で急伸し、前日比100円(18%)高の641円とストップ高で終了。
 脱炭素化の流れが加速する中、自動車が昨年、電動車への大型投資を相次いで明らかにしている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース マツダ、電動化に協業先と1.5兆円投資-電池調達に中国系を追加

Twitterでの意見

おでん@電池メーカー
マツダ、電動化に協業先と1.5兆円投資-電池調達に中国系を追加 から
フジトミ証券株式会社 公式アカウント
・マツダ(7261):電動化に協業先と1.5兆円投資-電池調達に中国系を追加 ・森トラスト・ホテルリート(3478)、森トラスト総合リート(8961):23年3月1日に合併へ ・オイラ大地(3182):シダックス、特別委員会を設置-フード関連事業の協業などについてオイラ大地を含め検討
網城至
マツダ、30年の世界販売EV比率25─40%に 電動化で1.5兆円投資 | ロイター マツダ、電動化に協業先と1.5兆円投資-電池調達に中国系を追加 - Bloomberg …
世界四季報
マツダ、30年の世界販売EV比率25─40%に 電動化で1.5兆円投資 | ロイター マツダ、電動化に協業先と1.5兆円投資-電池調達に中国系を追加 - Bloomberg ロームや今仙電などと電動駆動ユニットで協業、今仙株はストップ高
にゃんこ先生
マツダ、電動化に協業先と1.5兆円投資-電池調達に中国系を追加 - Bloomberg EVの基幹部品である電池についてはパートナー企業から調達する。既存の取引先のほか、中国・遠景科技集団(エンビジョングループ)傘下の電池メーカー、エンビジョンAESCも加わる。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう