おすすめ記事

円が140円台前半に下落、日米金利差や実需の売りが重し

記事を要約すると以下のとおり。

東京外国為替市場では円が1ドル=140円台前半に下落。
その後139円台後半まで下げを縮小  あおぞら銀行の諸我晃チーフマーケットストラテジストは、米消費者物価指数(CPI)をきっかけに一気にポジション調整が入ったのが先週の米金利低下・ドル売りの背景だが、かなりスピードが速く、実需のドル買いもあると話す。
「ドル・円はいったんは下げが止まり、レンジを切り下げたような形になる」とみている。
 ニューヨーク連銀が14日公表した最新調査によると、米消費者のインフレに対する楽観度は10月に低下。
ただ、「日本の為替介入とドル金利低下要因の二つが強いメッセージとなり、スピード調整がなされたことで、ドル・円の上昇圧力はずいぶん緩和したと話す。」
それに伴い、ドル・円についても、新たなレンジが「138-143円となるのか、140円を固めて140-145円になるのか」を見極めていく展開になるとみている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円が140円台前半に下落、日米金利差や実需の売りが重し

Twitterでの意見

nanawarai
きょうの国内市況(11月15日):株式、債券、為替市場 ●日本株は反発、米利上げ鈍化や中国政策を期待-電機や素材、銀行高い ●円が140円台前半に下落、日米金利差や実需の売りが重し
kaori
円が140円台前半に下落、日米金利差や実需の売りが重し
hagiwararyu
BloombergJapanさんから 円が140円台前半に下落、日米金利差や実需の売りが重し   11月15日15時07分台のニュースでした
Ox Securities || 日本語公式🇯🇵
円が1ドル=140円台前半に下落 米国の利上げペースやターミナルレート(利上げの最終到達点)を巡る思惑が引き続き交錯しているものの、日米金利差の拡大方向は変わらないとの見方や実需の円売りが重しとなり、一時は140円台半ばまで値を切り下げている。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう