おすすめ記事

円は146円台前半、米金融引き締めペース減速観測くすぶる

記事を要約すると以下のとおり。

朝の東京外国為替市場の円相場は1ドル=146円台前半と、ドルに対してやや強含んでいる。
さらにカナダ銀行の利上げ幅は市場関係者およびエコノミストの大半が予想した0.75ポイントを下回った。
カナダ中銀が予想外のペース減速、50bp利上げ-景気後退懸念の中  26日の米国債相場は上昇し、利回り曲線(イールドカーブ)はブルフラット化した。
きょうは、「9月の介入時は先週末の下落でサポートとなった日足・一目均衡表の基準線(146円15銭)にかけて、調整売りと買い遅れている本邦勢とのせめぎ合いになりそうとみる。」
ユーロは26日の対ドル相場で1ユーロ=1ドルのパリティ(等価)を約1カ月ぶりに回復した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円は146円台前半、米金融引き締めペース減速観測くすぶる

Twitterでの意見

koba16
円は146円台前半、米金融引き締めペース減速観測くすぶる - Bloomberg 更新日時 2022年10月27日 8:31 JST .
kirinuki
仮に利上げ幅が0.75%→0.5%になっても、日米金利差が広がり続けることに変わりはないわさ/円は146円台前半、米金融引き締めペース減速観測くすぶる

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう