おすすめ記事

米国債への楽観論に冷や水、底入れ判断は時期尚早との声相次ぐ

記事を要約すると以下のとおり。

米国債売りがようやく最悪期を脱したと時期尚早に判断すべきではないとの慎重な意見が相次いでいる。
 ヘッジファンドのK2アセット・マネジメントは、国債市場は依然として「データに大きく左右される」と述べ、市場の楽観ムードが一変するリスクがあるとの見方を示した。
バークレイズのグローバル市場共同責任者、スティーブン・デイントン氏は、米金融当局が引き締めただけだと述べた。
   原題:FranklinTempleton,CitadelSecuritiesCurbBondOptimism(1)(抜粋) 。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国債への楽観論に冷や水、底入れ判断は時期尚早との声相次ぐ

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう