おすすめ記事

米金利高止まり、いつまで続くか-債券市場は恒久的とのサイン発信

記事を要約すると以下のとおり。

米国債相場の本格的上昇への楽観ムードが投資家の間に広がる状況にあって、参入を検討している人々にとって市場の重要な指標の一つが憂慮すべきサインを発している。
この結果、当局は利下げしようにもできず、債券相場の逆風となる可能性がある。
昨年のピークである4.5%から低下したものの、過去10年間の平均を丸々1ポイント余り上回り、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長率いる米金融当局者の長期的な推計である2.75%よりも高い水準を盛り込んでいることを示すため、重要な意味を持つ。
昨年終盤に救済をもたらしたような相場の大幅上昇を期待している投資家には懸念材料の一つとなるだろう。
また、指標の利回りは同月に付けた年初来ピークから0.5ポイント近く下げている。
実際、ブルームバーグの指数は米金融状況が比較的緩和気味であることを示唆している。
 「r*(Rスター)」とも呼ばれる中立金利の水準自体も白熱した議論の対象となっている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米金利高止まり、いつまで続くか-債券市場は恒久的とのサイン発信

Twitterでフォローしよう