おすすめ記事

高利回り債の苦難、始まったばかりか-新興国市場で社債借り換え滞る

記事を要約すると以下のとおり。

世界的に借入金利が金融危機以来の高水準に上昇し、新しい年に満期を迎える4000億ドル(約59兆8400億円)相当の債務の借り換えが進まない中、新興国市場で企業間の亀裂が深まっている。
 運用各社や信用格付け会社は、金利が高止まりすればするほど、この市場には非常に脆弱(ぜいじゃく)な一角が残っている。
 「特に中国やアルゼンチン、ブラジル、ウクライナの企業は、このような環境下での債務借り換えという点でもろさをはらむと同氏は指摘した。」
2年で4ポイントの借り入れコスト上昇となった。
 ブルームバーグがまとめたデータによると、新興国企業は今年これまでに260億ドルのデフォルトに陥っている。
 「ハイイールドは懸念される分野だと言うミューズニッチのマネーマネジャー、ウォーレン・ハイランド氏は「信用力の弱い企業がアンダーパフォームすると予想され、ファイナンスが制約を受けるようになれば、シングルB/CCC格付けやフロンティア市場への配分は縮小されるはずだ」と述べた。
ブルームバーグ新興市場USD総合社債指数はプラス4.3%だ。
多くの運用会社は借り換えを巡るトラブルの大半がここで起きると予想している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 高利回り債の苦難、始まったばかりか-新興国市場で社債借り換え滞る

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう