おすすめ記事

FOMC議事要旨:インフレ押し下げの決意確認、市場の認識懸念

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦公開市場委員会(FOMC)が昨年12月13、14両日に開いた会合では、当局者がインフレを押し下げる決意を確認したほか、「正当な根拠のない」金融状況の緩和は物価安定の達成に向けた当局の取り組みを損なうとの警戒感が示された。
 12月会合では主要政策金利が0.5ポイントに利上げ減速後も(3)    LHマイヤーのエコノミスト、デレク・タン氏は「インフレについてFOMC当局者は、まだトンネルの終わりに明かりを見ていない」と指摘。
「当局者は「正当な根拠のない」金融緩和を非常に警戒しており、2月の会合時も0.5ポイント利上げを続けることに傾斜しているはずだと述べた。
この中央値はインフレ率を目標の2%に戻すという委員会の強力なコミットメントを明確に示していると、幾人かの参加者が発言したと指摘。
議事要旨には、政策金利に関する判断は「会合ごとに」行われると記された。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース FOMC議事要旨:インフレ押し下げの決意確認、市場の認識懸念

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう