おすすめ記事

GPIF、リーマン危機以来の3期連続赤字-収益マイナス0.88%

記事を要約すると以下のとおり。

世界最大の年金基金、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2022年度第2四半期(7-9月)の運用収益率はマイナス0.88%となった。
 資産別の収益率(年率)はプラス3.47%、収益額出所:GPIF  9月末時点の運用資産額は192兆968億円と、6月末の193兆126億円を下回った。
 GPIFの宮園雅敬理事長は、同日公表した声明で「世界的にインフレが進行する中、米国に続きユーロ圏でも中央銀行が利上げに着手したことなどから、欧米を中心に金利が上昇し、為替は対ドルで円安が進行した。」
先進国と新興国の株式で構成されるMSCIオールカントリーワールド指数が5.3%安だった。
 9月末の資産構成割合は、国内債券が27.26%、国内株式が23.86%で、インフラや不動産などのオルタナティブ(代替)資産は1.47%だった。
 JPモルガン証券の山脇貴史債券調査部長は、今回の運用状況について「完全に株安・債券安によるものだ。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース GPIF、リーマン危機以来の3期連続赤字-収益マイナス0.88%

Twitterでの意見

Keiko Ichihara
GPIF、リーマン危機以来の3期連続赤字-収益マイナス0.88% - Bloomberg 📌
馬でもできるもんさん
GPIFが3四半期連続赤字 7~9月、リーマン危機以来: 日本経済新聞 GPIF、リーマン危機以来の3期連続赤字-収益マイナス0.88% - Bloomberg …
世界四季報
GPIFが3四半期連続赤字 7~9月、リーマン危機以来: 日本経済新聞 GPIF、リーマン危機以来の3期連続赤字-収益マイナス0.88% - Bloomberg 収益額は1兆7220億円赤字、国内外の債券と株式の全資産がマイナス
LADi📖投資中…
今日の投資ニュース○45 『GPIF リーマン危機以来の3期連続赤字』 ○GPIFとは ・厚生年金と国民年金の積立金の管理・運用を行っている。 ・2022年度7-9月の運用収益率はマイナス0.88%となった。 ・赤字額は1兆7220億円。 ・3四半期連続の赤字運用は、リーマンショック以来。
ひろみという名前の👨
GPIF、リーマン危機以来の3期連続赤字-収益マイナス0.88% 昨年末以降、年金資産が目減りし続けている。ポートフォリオの分散が良く効いて、小幅な減益に収まっている。他方、外債、外株は外貨建てを円換算しているため円安による評価益が多いと思われる。要注意。
のこと
GPIF、リーマン危機以来の3期連続赤字 -収益マイナス0.88% ・収益額は1兆7220億円赤字、国内外の債券と株式の全資産がマイナス ・金融引き締めによる景気後退に警戒感、株式市場は下落-宮園理事長
レク・ターランドール(笑)
景気が傾きはじめるとそりゃそうですねとしか言いようがない(笑) GPIF、リーマン危機以来の3期連続赤字-収益マイナス0.88% - Bloomberg
ワールドニュース of ビジネス/株式/FX/仮想通貨
[Bloomberg] GPIF、リーマン危機以来の3期連続赤字-収益マイナス0.88% 世界最大の年金基金、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2022年度第2四半期(7-9月)の運用収益率はマイナス0.88%となった。赤...

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう