おすすめ
JRの駅にある自販機はマーケティングのロボットだった JR東日本ウォータービジネス(前編)

100914_2044~01-thumbnail2

日経ビジネスで、JR駅構内の自販機について、3回連続の連載記事が掲載されています。
エキナカの自販機を管理するJR東日本ウォータービジネスの特集です。

JR東日本ウォータービジネスは、清涼飲料卸や飲料自販機事業などを手掛ける東日本旅客鉄道の完全子会社(連結子会社)とのこと。
意外にも、2006年8月の設立。
それ以前は10社以上あるJR東日本グループ各社が扱っていたのだという。
Suica(スイカ)が普及し、エキナカ自販機がスイカで利用できるようになった頃のことですね。

同社の売り上げは総じて右肩上がりで推移してきた。
田村修社長は、「設立以来、弊社が取り組んできた仕事の中心は、自販機自体のイノベーション、そして自販機の中にある商品ラインナップの変革です」と言っている。
具体的には、Suicaに対応し、IT技術を活用したデータ分析やマーケティング、データシステムなどを取り入れた次世代自販機の開発、そして、ブランドミックス機の拡充展開、オリジナルブランドの確立、飲料メーカーと協力した製品開発に注力してきた。

しかし、Suica対応やIT技術の導入のような華やかな面がある一方で、泥臭い努力があるのも確か。

さらに、自販機の設置位置や方向も考え抜いた。目の前に飲みたい飲料があれば自然に手が伸びる、という客の心理をくすぐるわけだ。エキナカでの客の動線は意外に偏っている。ほんの数メートルずれただけで、一方は大混雑、一方はガラガラ、という場面をよく見かける。自販機の商品の陳列棚が客に向いていない、という場面もありそう。まさに同社はそこも改善してきた、と言う。

自販機の側面も、全面広告などを使って目立つようよく利用しています。
安全性や安定した運行の確保など配慮すべき事柄が多いエキナカという限られたスペースでできることを追求していますね。

エキナカ自販機の見方がちょっと変わったいい記事でした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事