おすすめ記事

「デフレ完全脱却」掲げ経済対策決定、事業規模は37.4兆円に-政府

記事を要約すると以下のとおり。

政府は2日の臨時閣議で、所得税の定額減税を盛り込んだ「デフレ完全脱却のための総合経済対策」を決定した。
    岸田文雄首相は臨時閣議後に行った記者会見で、ボーナスの支給が始まる来年6月に約9000万人を対象に「所得税・個人住民税の定額減税を行いたい」と言明。
「そうすれば、デフレ脱却が見えてくる」とも述べた。
経済対策ではこの状態を打開するため、来年4月末まで延長するガソリンなどの激変緩和措置は、消費者物価(総合)を前年同月比1%ポイント程度抑制すると見込まれている。
減税効果も含めた全体の経済効果は、実質国内総生産(GDP)を今後3年平均で年1.2%程度押し上げることが期待される。
住民税非課税世帯には1世帯当たり計10万円を目安に支援する方針だ。
日本経済新聞社とテレビ東京が10月に実施した世論調査では、物価高対策としての所得税減税を「適切だとは思わない」は65%に上り、「適切だと思うの24%を上回った。
 国際通貨基金(IMF)によると、政府債務残高の対GDP比は255%と主要7カ国(G7)の柔軟化で異次元緩和の出口に向けた地ならしをする中、長期を中心に金利が上昇傾向にある。
 サクソバンクのスティーン・ヤコブセン最高投資責任者(CIO)は、「日本の財政支出は制御不能だと指摘。」
成長力を強化する施策として、半導体や省エネ、宇宙戦略基金などの投資支援策なども実施する。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 「デフレ完全脱却」掲げ経済対策決定、事業規模は37.4兆円に-政府

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう