おすすめ
「世界一愉しいアフリカ講座」に参加して:一般社団法人OSAジャパン

2015年11月14日、一般社団法人アフリカ協会が主催した「世界一愉しいアフリカ講座」に参加してきました。

12122683_904792089605499_1887635021679426973_n

日時: 11月14日(土) 13:30?16:45
13:00受付開始
会場: 国際協力機構(JICA) 地球ひろば
東京都新宿区市谷本村町10-5
会費: 無料
定員:200名


かつて国連の機関UNIDOにお勤めになっていた萩原孝一さんのお声掛けによって開催されたもの。
退官された後も精力的な活動で、現在も一般社団法人アフリカ協会の特別研究員の立場にあり、アフリカと日本を結ぶ第一人者です。
アフリカ協会のFacebookページの「いいね!」1,500人を記念して、とのこと。
このページの「いいね!」は萩原さんのリアルな人脈が多いこともあって、参加募集のイベントページもとても賑わっていました。

20151114_155524 (1)13:30 開会挨拶
一般社団法人アフリカ協会
13:40 アフリカ概観基礎講座
アフリカ協会
特別研究員 萩原孝一
14:00 講演 I 「日本のタネをケニアでカタチに」
建築家・一般社団法人OSAジャパン会長
坂田泉
14:30 講演II 「人生を変えたルワンダバスケット」
株式会社ルイズビィ代表取締役
小澤里恵
15:00 休憩
15:15 講演III 「頑張れ、コーヒーの原産地アフリカ」
ミカフェート代表取締役
川島良彰
15:45 パネルディスカッション
「それぞれのアフリカ」
パネリスト(坂田泉、小澤里恵、川島良彰)
MC 萩原孝一
16:45 閉会

20151114_155648 (1)講演者の方3名共に、とてもエキサイティングな内容でどれも印象に残っています。
仕事の上で、とても参考になったのは、講演1の一般社団法人OSAジャパンの坂田泉さん。
JICAの民間技術普及促進事業で、ケニアにおいて株式会社LIXILが「非都市部における水資源保全と衛生環境改善のための循環型無水トイレシステム普及促進事業 」というのを受託していますが、NGOの立場でそのプロジェクトのサポートをされているようです。
「ケニアの非都市部を対象に、主として中間層をターゲット顧客として、循環型無水トイレシステムを展開するもの。 」という内容です。

もともと坂田さんが建築家としてケニアに滞在されていた経験などがベースにあってプロジェクトが進んでいる模様。
プロジェクトの記録方法など外向けのプレゼンテーションの手法やアプローチ方法が、とても参考になりました。
JICAプロジェクトにかかわらずケニアと日本を結ぶ活動がベースにあって、その中の一つですから、全体としてのビジョンやグランドデザインがやはり素晴らしいなあ、と思いました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事