おすすめ
「世界一愉しいアフリカ講座」に参加して:株式会社ルイズビィ

2015年11月14日、一般社団法人アフリカ協会が主催した「世界一愉しいアフリカ講座」に参加してきました。

12122683_904792089605499_1887635021679426973_n

日時: 11月14日(土) 13:30?16:45
13:00受付開始
会場: 国際協力機構(JICA) 地球ひろば
東京都新宿区市谷本村町10-5
会費: 無料
定員:200名


かつて国連の機関UNIDOにお勤めになっていた萩原孝一さんのお声掛けによって開催されたもの。
退官された後も精力的な活動で、現在も一般社団法人アフリカ協会の特別研究員の立場にあり、アフリカと日本を結ぶ第一人者です。
アフリカ協会のFacebookページの「いいね!」1,500人を記念して、とのこと。
このページの「いいね!」は萩原さんのリアルな人脈が多いこともあって、参加募集のイベントページもとても賑わっていました。

20151114_155524 (1)13:30 開会挨拶
一般社団法人アフリカ協会
13:40 アフリカ概観基礎講座
アフリカ協会
特別研究員 萩原孝一
14:00 講演 I 「日本のタネをケニアでカタチに」
建築家・一般社団法人OSAジャパン会長
坂田泉
14:30 講演II 「人生を変えたルワンダバスケット」
株式会社ルイズビィ代表取締役
小澤里恵
15:00 休憩
15:15 講演III 「頑張れ、コーヒーの原産地アフリカ」
ミカフェート代表取締役
川島良彰
15:45 パネルディスカッション
「それぞれのアフリカ」
パネリスト(坂田泉、小澤里恵、川島良彰)
MC 萩原孝一
16:45 閉会

20151114_155648 (1)講演者の方3名共に、とてもエキサイティングな内容でどれも印象に残っています。

一番刺激的だったのは、株式会社ルイズビィの小澤里恵さん。
ルワンダの女性たちが作るバスケットを日本で販売しています。
販売するようになるまでなった経緯が壮大。
そして、自分は意図していなかったのだけれど導かれるように、現在の状況になっちゃったんですよね、という典型的な起業ストーリーでした。

もともとでインテリアショップを営業していた小澤さん。
たまたま足を運んだアフリカ商材の展示会が最初の出会いだったとのこと。
「ちょっとピンときた」「でも自分には関係ないし」的なところから始まる、絵に書いたような物語の始まり。
それに気づけて大切に育てられる、というのが素敵な感性だと思います。

途上国の商材を先進国の感性高いところに投入するというのは、ファアトレードだったりがキーワードになっていることが多いと思います。
ルイズビィも内戦で家族を失った女性たちが主役であることから、大変な使命を負っています。
しかし、そうであるならばなおさら、きちんとビジネスを育てて自立しましょう、というメッセージが伝わっていて、とても共感できます。
小澤さんの力を借りずとも、日本のみならず世界中に販路を広げつつある、ということなので大変な成功例だと思いました。

とても素敵なバスケットばかりで、ギフトにも喜ばれるクオリティの商品がたくさんあります。
ルイズビィ Webshop: Ruise B

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事