おすすめ記事

「世紀の空売り」のアイズマン氏、米財政赤字と米株に関する警告無視

記事を要約すると以下のとおり。

2008年の金融危機以前にサブプライム住宅ローンの崩壊を予見し「世紀の空売り」を行ったことで知られるスティーブ・アイズマン氏は、膨れ上がる米連邦政府赤字と米株市場での取引集中への他の人々の深い懸念にもかかわらず、現在は米市場について「どちらかと言えばロング志向」だという。
「私は楽天的なタイプ」だと述べた。
同氏は具体的な投資戦略や保有株については明らかにしなかった。
消費者信頼感が高まりインフレは低下しており、米連邦準備制度には利下げ余地が生じている。
満足な状況だと述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 「世紀の空売り」のアイズマン氏、米財政赤字と米株に関する警告無視

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう