おすすめ記事

「深刻な債務超過」の住宅ローン、全米で増加-金利上昇が市場冷ます

記事を要約すると以下のとおり。

米国では現在、およそ37軒に1軒の住宅で、住宅ローンの残債が物件価値を大きく上回っている。
 住宅ローンが深刻な債務超過に陥るのは一般に、住宅を高く買い過ぎた場合か、あるいは少ない頭金で購入した場合だ。
ケンタッキー州は5.7%に増加した。
2位もルイジアナ州バトンルージュが13.4%と、第2四半期に深刻な債務超過に陥った住宅ローンの割合が最も高かった。
ニューヨーク州シラキュースは5位で、5.6%の住宅が深刻な債務超過状態にあった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 「深刻な債務超過」の住宅ローン、全米で増加-金利上昇が市場冷ます

Twitterでフォローしよう