おすすめ記事

「黄金期」のプライベートクレジット、ソフトバンクGも参入計画か

記事を要約すると以下のとおり。

ソフトバンクグループがプライベートクレジットの供与に乗り出す計画をしているもようだ。
プライベートエクイティー(未公開株、PE)投資会社は資金供与の拡大を狙っている。
DirectLendingHasGrownRapidlyinRecentYearsApullbackbybanksafterthefinancialcrisiscreatedahugeopportunitySource:PreqinNote:Dataisforglobalcorporateloandirectlending,andexcludesdistresseddebtandothertypesofprivatecreditdebt  ただ、ノンバンクの貸し付けの一部はプレッシャーにさらされる見込みだ。
 ゼルター氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、2ー3%の歴史的なデフォルト率は「全体的に金利負担が上昇している企業によって上振れするかもしれない」と指摘。
そのため、HPSインベストメント・パートナーズやベインキャピタルは、ポートフォリオにストレスが生じることを想定し、再編チームを強化している。
 米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは今月、PE投資の不振を理由にソフトバンクGを格下げしたが、同社はテクノロジー分野での専門知識を、今度は信用供与を通じて活用する機会をプライベートクレジット市場に見いだしている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 「黄金期」のプライベートクレジット、ソフトバンクGも参入計画か

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう