おすすめ記事

【イスラエル】シリア内の組織を爆撃、学校へのドローン攻撃に応戦

記事を要約すると以下のとおり。

イスラエルは同国南部の都市エイラトの学校がドローン攻撃を受けたことから、これを行ったシリアの組織を攻撃したと明らかにした。
関連記事:イスラエル、ガザで1日4時間の戦闘停止に合意-米政府が発表(1)IsraelatWarSource:InstitutefortheStudyofWarandAEI’sCriticalThreatsProjectNote:Attacksincluderocketandmortarstrikes,anti-tankfiresandsmallarmscombatsfromOct.15–Nov.8,2023.イスラエルは「人道的窓」を提供  イスラエル国防軍のコンリカス報道官は、同国はイスラム組織ハマスとの戦闘を進める一方で、パレスチナ自治区ガザの住民が北部から脱出し、合計では85万-90万人が退避したと推定しているという。
 フーシ派はハマスとイスラエルの紛争開始以来、パレスチナ人を支援するため数回にわたりドローンとミサイルがイスラエル近辺まで到達したかどうかは不明。
イスラエル、シリアを爆撃-学校へのドローン攻撃を受けたことから、これを行ったシリアの組織に反撃したと表明した。
 同首相は9日夜放送のFOXニュースの「スペシャルリポート」で、「これは現実になるだろうと発言。
 この攻撃で3人が軽傷を負ったとシン副報道官は、9日に約5万人の住民が退避したと明らかにしている。
イスラエル、ガザで1日4時間の戦闘停止を始めることを米国は認識していると述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【イスラエル】シリア内の組織を爆撃、学校へのドローン攻撃に応戦

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう