おすすめ記事

【イスラエル】G7が戦闘停止を支持、フーシ派は米無人機撃墜と主張

記事を要約すると以下のとおり。

主要7カ国(G7)外相は、イスラム組織ハマスが支配するガザの人質を安全に脱出させるため戦闘の休止を呼び掛けた。
米国と欧州連合(EU)がテロ組織に指定するハマスは、同国の領海上空で米国のドローンを撃墜したと声明を通じて発表した。
1国とする解決策では、「いずれか一方が排除されることになる。」
ガザ治安管理で「短期的」なイスラエル関与見込む-英国  英国のクレバリー外相は、ガザ地区の治安管理で短期的にイスラエルが関与するのは「避けられない」と語った。
東京での会合後に発表された声明で明らかになった。
イスラエル軍の空爆後、遺体を運ぶパレスチナ人(7日、ガザ市)Photographer:AhmadSalem/Bloombergガザは統治「移行期」が必要になる可能性-ブリンケン米国務長官が東京で記者団に語った。
10月7日(のようなテロ攻撃)の繰り返しになるだけだと発言。
 イスラエルの指導者にガザを再占領する意図はないとブリンケン氏は述べ、米国はガザとヨルダン川西岸との「一体となった統治」を模索していると説明した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【イスラエル】G7が戦闘停止を支持、フーシ派は米無人機撃墜と主張

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう