おすすめ記事

【インサイト】植田総裁の真意はマイナス金利解除ではなく円安対応

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の植田和男総裁は来年早々にゼロ金利政策の解除を準備しているのか。
植田総裁は読売新聞(9日付)のインタビューで、物価目標の実現が見えてくるのは、賃金と物価の好循環が金融緩和を止めても自律的に回っていく状況だと説明。
植田総裁はYCCの持続性を高める動きとの見解を示した上で、「為替市場も含めた金融市場のボラティリティーをなるべく抑えることも理由の一つに挙げた日銀が「インフレ目標達成に向けたモメンタム」を測る基準としている需給ギャップはマイナスのままで、すぐにプラスに転じる見込みはほとんどない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【インサイト】植田総裁の真意はマイナス金利解除ではなく円安対応

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう