おすすめ記事

【インサイト】混迷の日銀政策転換予想-東京消費者物価と総裁発言で

記事を要約すると以下のとおり。

総務省が26日に発表した1月の東京都区部の消費者物価指数(CPI)は予想よりも大幅に鈍化した。
東京都区部の数値は全国の物価の動向を反映した賃金・CPIデータが挙げられる植田総裁は、日銀としてはこうした弱いデータにとらわれず、インフレが一層定着しつつことを示す他のサインに一段と重点を置く必要があるだろう。
東京都区部のCPI鈍化を踏まえれば、この点が一層重要となる。
 だいぶ前にデフレを脱却した経済に現行の政策はもはやそぐわないと日銀が考え、春闘を受けた賃上げが少なくとも短期的には安定的な2%の物価目標に向けた前進を支持すると判断するのが、その根拠となる。
 BEは日銀が「出口」を試みた過去2回とも方針転換を余儀なくされた。
その時期になれば、春闘を受けた賃金と物価の好循環について確認できるだろう。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【インサイト】混迷の日銀政策転換予想-東京消費者物価と総裁発言で

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう