おすすめ記事

【インサイト】黒田ショック後のバランスシート膨張をどう抑制するか

記事を要約すると以下のとおり。

来年4月に就任する日本銀行の新総裁は、日本の国内総生産(GDP)の123%に膨らんだバランスシートを引き継ぐことになりそうだ。
同時に、中国や欧州の需要回復も日本経済を下支えしているはずだ日米の金利差が縮小し、円高圧力が高まるという見通しが、日銀の動きを妨げることはないだろう。
他の中銀とは異なり、日銀は株式ETFも保有している。
経済が回復することを前提にすれば、これが最も可能性の高い道筋だと考える。
日銀のETFを購入する政府系ファンドを設立する必要があると考える一方で、市場売却は影響が大きく困難なため、日銀のETF保有分をファンドに移すには、手続きなどを含め設立後少なくとも3年かかるとみられる日銀保有資産の評価損益出所:日本銀行、ブルームバーグ・エコノミクス   日銀が保有する債券の時価評価が9月末に初めて簿価を下回り、8749億円の含み損に転じた。
投資家の中には、日銀の信頼性を傷つけかねない。
つまり、政府は損失が生じるとの試算を示した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【インサイト】黒田ショック後のバランスシート膨張をどう抑制するか

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう