おすすめ記事

【ウクライナ】EU、対ロ追加制裁で合意できず-24日に協議再開へ

記事を要約すると以下のとおり。

欧州連合(EU)加盟国は対ロシア追加制裁措置で合意成立に至らなかった。
北大西洋条約機構(NATO)の履行停止を発表したことを受け、同国が今後、核兵器をどのように扱うのかをNATOは注視していくと述べた。
来月にも具体的な詳細を詰めたい意向だ。
米国はまた、ロシアの収入を生む事業セクターに対して「全面的な」制裁を科すとも、同報道官は述べた。
 EUは協議中の制裁措置の幾つかについて、主要7カ国(G7)と調整を図っている。
プーチン氏のペンセットが最も高価だったという。
G7)の財務相は23日、ロシアの「侵略戦争」を改めて非難-ウクライナ支援拡大  主要7カ国(G7財務相らは支援を390億ドル(約5兆2600億円)に拡大し、共同声明で「ウクライナに対する揺るぎない支援」を再確認した。
ロシアの侵攻を「不法かつ不当で、いわれのないウクライナに対する侵略戦争」だと非難した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【ウクライナ】EU、対ロ追加制裁で合意できず-24日に協議再開へ

Twitterでの意見

⏳去年の今頃にあったこと
【去年の今頃注目ニュース】 🎖第17位 : EU、対ロシア追加制裁は見送りへ…ウクライナ加盟候補国入りは大筋合意

Twitterでフォローしよう