おすすめ記事

【コラム】ドルは通貨超える地政学的資産、覇権揺るがず-モス

記事を要約すると以下のとおり。

米国の影響力に懐疑的な人々がそう願おうと、ごくわずかな円高論者がドル高一服を切に求めようとも、ドルの覇権を乗り越えることはできない。
日本は8年間続いたマイナス金利を終了したが、円は下落。
海外の主要中央銀行による利下げは同じ時期に行われる可能性が高く、どの主要通貨もドルを凌駕(りょうが)することはできなさそうだ。
市場は変動し、外国為替市場も株式・債券市場と同じように良い年とそうでない時期がある。
 1990年代後半、ユーロはドルに匹敵する通貨になると思われていたが、数年後には米国の経常赤字がドル安の理由の筆頭となった。
今は、米国が発動する厳しい制裁措置が、世界的なドル離れにつながるとも懸念されている。
PositionofStrengthThegreenbackhasseenoffmanythreatstoitsdominanceSource:Bloomberg  両氏はドルの優位性は世界経済のシステム内に埋め込まれており、それを変えることは難しいと主張。
ドルは米政府にとっても、引き続き地政学的に重要な資産だ。
両氏はそれが続くと考えているものの、ドルにとって最大のリスクは米国そのものかもしれないとみている。
 ドルを中核とする米主導の経済秩序は、第二次世界大戦の勝利がもたらしたものではない。
連邦準備制度が米金融機関に過剰なエクスポージャーを警告すると、この措置が欧州市場を大混乱に陥れたと米国務省で働いた経歴のあるフィリップ・ゼリコウ氏は自著で分析。
連邦準備制度がスタンスを一変させたことで、支援資金が枯渇する瀬戸際というぎりぎりのタイミングだった。
 空母よりも使い勝手がよく、寿命も長いドルに拍手したい。
今のところ、ドル衰退の予言は脇に置いておこう。
このコラムの内容は必ずしも編集部やブルームバーグ・エル・ピー、オーナーらの意見を反映するものではありません)原題:TheDollarIsMoreArmoredDivisionThanCurrency:DanielMoss (抜粋)ThiscolumndoesnotnecessarilyreflecttheopinionoftheeditorialboardorBloombergLPanditsowners.。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【コラム】ドルは通貨超える地政学的資産、覇権揺るがず-モス

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう