おすすめ記事

【コラム】一人では危険、ゼルダの任天堂が学んだ教訓-リーディー

記事を要約すると以下のとおり。

ヒトリデハキケンジャ。
 任天堂が映画事業に乗り出す方針を示してから7年がたつ。
 お馴染みのキャラクターや深い神話、そしてアクションに重点を置いた愛すべきシリーズであるゼルダの実写映画では、それを得意とする人物と組むことになる。
同氏はマーベルが時流を支配し始める前に同社を去ったものの、ソニーグループのアニメ映画シリーズ「スパイダーバース」などをプロデュースし、この分野で成功を収めている。
ソニーと任天堂はそれから何年も荒野をさまよったが、「スイッチの成功と想定外に長く続いているこのゲーム機の人気で、再び着実に歩み出した。」
Mario'sIPandmobilesegmentSource:Bloomberg  任天堂をテーマにしたエリアなど、知的財産の膨大なカタログから収益を上げるために他の企業と提携することが増えている。
同作品を製作したマテル・フィルムズは今のところ時間をかけて取り組む構えだ。
宮本氏は8日の経営陣はスイッチについて、ゲーム機のライフサイクルを巡る従来の概念にとらわれることなくサポートし続けると強調。
 ただ、任天堂は成功を続けるために、ゼルダの実写映画に関する幾つかの大きな疑問に答える必要がある。
 物議を醸したマリオ声優のキャスティングと現代的な設定で、任天堂は大きな変化を恐れないことを示した。
(ガロウド・リーディー氏はブルームバーグ・オピニオンのコラムニストです。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【コラム】一人では危険、ゼルダの任天堂が学んだ教訓-リーディー

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう