おすすめ記事

【コラム】中国はクリーンか、世界の「脱炭素」左右-フィックリング

記事を要約すると以下のとおり。

世界中の国々は約2カ月前、「脱炭素」を進める野心的なプログラムで合意した。
再生可能エネルギー容量の拡大をリードするとみられる中国だが、その炭素排出は世界全体の約3分の1を占める。
NoLongerDevelopingChinaconsumesmoreelectricityperpersonthantheEuropeanUnionSource:StatisticalReviewofWorldEnergy,ChinaElectricityCouncilNote:2024databasedonCEC'sprojectedelectricitydemandgrowthrate.Figuresinmegawatt-hoursperyear.  中国電力企業連合会(CEC)は最近、昨年の電力消費が6.54メガワット時で、イタリアや英国の平均的な居住者より約3分の1多い。
今年はフランスとドイツを追い抜きそうだ。
 昨年の電力消費増加は、ドイツの全発電量に匹敵。
AHabitThat'selectricitydemandgrowthSource:NationalBureauofStatisticsofChina'selectricitydemandgrowthSource:NationalBureauofStatisticsofChina,BloombergNote:Showschangeinelectricityconsumptionfromthepreviousyear.Thermalincludessomegas,oilandbiomass,butisoverwhelminglycoal.  われわれが目にしているのは、再生可能エネルギー容量と電力需要の競争だ。
時間との闘い  これが国民生活水準が向上した結果であれば、少しは気が休まるかもしれない。
中国の電力供給需要は昨年、約5.3%増加。
ハイテク製造業の11.3%増には及ばないものの、基礎素材は非常に多くの電力を使用。
 昨年の中国経済において好調だったセクターは、これらのセクターが購入。
ソーラーパネルのフレームやEVのボディーに使用されるアルミニウム合金の生産は18%増となった。
 クリーンエネルギー製品を今すぐ製造することは、何年にもわたり排出量を削減するための投資と考えることはできる。
 長年にわたりクリーンエネルギー部門が目覚ましい成長を遂げてきた中国だが、炭素排出に歯止めがかからないのは問題だ。
AwaitingImpactChinamayhavedrasticallyslowedthepaceofbuildingstarts,butcompletionsarerelativelyunchangedSource:NationalBureauofStatisticsofChina,Bloomberg(デービッド・フィックリング氏はエネルギーと商品を担当するブルームバーグ・オピニオンのコラムニストです。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【コラム】中国はクリーンか、世界の「脱炭素」左右-フィックリング

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう