おすすめ記事

【コラム】植田日銀が発信、相当期間粘り強くあれーリーディー&モス

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の植田和男総裁は、日本経済を見守り続けている人々が忘れてしまっているようにも見える粘り強さを求めている。
日銀は4月下旬、新総裁の下で初めて開いた金融政策決定会合で1年から1年半程度の「多角的レビュー」を行うと決定。
これに市場は一時反応したが、インフレ目標達成という条件が見逃されたか、無視された可能性がある。
しかし、日銀はまだまだやるべきことがあると確信している。
これは黒田前総裁の言葉を借りたものだが、これまでの声明にはなかった表現だ。
植田氏は1998年から2005年まで日銀政策委員会審議委員を務め、日本におけるフォワードガイダンスのパイオニアとなった。
 ここ1年半ほどはインフレ加速により数週間前あるいは数日前の発表内容が機能しないことになり、この政策は一定の打撃を受けたが、ガイダンスのほぼ全ての言葉と文章の構成は依然として詳しく検証される。
植田氏の発言は、総裁が交代すれば政策も変わるという考えを払拭(ふっしょく)するものばかりだ。
千載一遇  そこには、来年以降に向け賃金の上昇を見守る必要があると指摘する複数のコメントが含まれている。
 日銀が2000年に行った早過ぎる利上げに反対した植田氏ほど、そのチャンスも今回が最後かもしれない。
それ故、植田氏が日銀の政策について多角的レビューを行い、より緩やかな政策を可能にした。
 日銀の多角的レビューは少なくとも1年かかるだろう。
このコラムの内容は必ずしも編集部やブルームバーグ・エル・ピー、オーナーらの意見を反映するものではありません)原題:WhattheTeaLeavesWon’tTellYouattheBOJ:Reidy&Moss (抜粋)ThiscolumndoesnotnecessarilyreflecttheopinionoftheeditorialboardorBloombergLPanditsowners.。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【コラム】植田日銀が発信、相当期間粘り強くあれーリーディー&モス

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう