おすすめ記事

【コラム】米国債の強気相場にお別れ、パラダイム変わった-ダドリー

記事を要約すると以下のとおり。

米国債利回りの話題がこれほど情熱をかき立てるとは、誰が予想しただろうか。
さらに、1980年代初頭に始まった債券の強気相場は終わったとのではないかと強く疑っている。
連邦準備制度が成長を阻害も刺激もしたくないと考えた場合に設定する「中立的」な短期金利である。
最後に、投資家が長期債保有のリスクを補うために必要とする追加利回りであるタームプレミアムを1%と試算した。
 10年物利回りはそれ以降に大きく上昇し、約4.3%になった。
私も利回りがすぐに上昇するとは想定していなかった。
このことは米金融当局の見方にも浸透し始めている。
 第二に、米政府の財政状況は悪化の一途をたどっている。
財政赤字の拡大はRスターを押し上げ、米政府への長期貸し付けのリスクを高めて債券のタームプレミアムを拡大させる。
また、米連邦準備制度は量的引き締め(QT)プログラムの一環として年9000億ドルのペースで保有債券を減らしており、この状態は当局が金利政策を転換したとしても恐らくあと2年は続きそうだ。
それ以来、リスクがほとんどなかったこともあり、タームプレミアムはゼロ前後で推移した。
 債券利回りが近い将来にどのように動くかを知っているふりをするつもりはない。
パラダイムがシフトしたのであり、高利回りが戻ってきた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【コラム】米国債の強気相場にお別れ、パラダイム変わった-ダドリー

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう