おすすめ記事

【コラム】11歳のバフェット氏が教える日本株投資の障害-リーディー

記事を要約すると以下のとおり。

1942年、11歳のウォーレン・バフェット氏は自身のキャリアを通じて買い入れた数多くの株式のうちの最初の銘柄を購入した。
 日本株がついに最高値を更新した今、日本には若き日のバフェット氏のような個人投資家が必要だ。
 新たな少額投資非課税制度、いわゆる「新NISA」はまたとない絶好のタイミングで始まったが、日本ではバフェット氏のようになりたい人たちが問題に直面している。
一度に100株購入するのにかかる730万円に比べれば、はした金だ。
今はオンライン証券会社が100株未満の株を購入するためのさまざまなプログラムを提供している。
 これら全てが、株取引を始める初心者を混乱させる。
 個人投資家が外国株を圧倒的に選好しているのは、当然だろう。
 「若い世代が日本株に少額投資するには障害があるとも指摘し、売買100株単位の問題について、解決の可能性を含め議論していると明かした。」
1987年に上場したNTTへの投資は長年、株を買うことの愚かさを示す代表例だった。
 任天堂に投資しようと思えば、まだ83万9000円も必要だ。
ETFよりも個別銘柄  だが、最大級の障害は、株主が増えるたびに印刷物などにかかるコストの増大や、厄介な投資家もやって来る株主総会の手間に不満を漏らす企業自身だ。
 こうしたパッシブ投資は、これまで預貯金しかしてこなかった個人に恩恵をもたらすかもしれない。
シナリオが変わり、日本株ブームの持続には国内の投資家がこれはもう「偽りの夜明け」ではないと確信する必要があるが、その鍵を教えてくれるのは11歳のバフェット氏かもしれない。
このコラムの内容は必ずしも編集部やブルームバーグ・エル・ピー、オーナーらの意見を反映するものではありません)原題:Everyone’sBuyingJapanShares.IOnlyWantOne:GearoidReidy (抜粋)ThiscolumndoesnotnecessarilyreflecttheopinionoftheeditorialboardorBloombergLPanditsowners.。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【コラム】11歳のバフェット氏が教える日本株投資の障害-リーディー

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう