おすすめ記事

【コラム】2023年にかき消された最悪の気候ニュース-フィックリング

記事を要約すると以下のとおり。

2023年は世界の平均気温が観測史上最も高い年だった。
 23年も気候に関する悪いニュースには事欠かなかったが、さらに悪いのは、こうしたより大きな話題にかき消された厄介な情報が多いことだ。
22年10月にドバイの王族が創業した同社は、アフリカなどの数百万ヘクタールの土地について、カーボンオフセットプロジェクトの合意を結んでいる。
 オフセットプロジェクトがしばしばその恩恵を誇張していることを示すスキャンダルがここ1年で多発しており、ある研究では分析したクレジットの約94%に虚偽の可能性があるとの結果が示された。
同社は23年に崩壊したわけではない。
インドがブレーキに  欧州の風力エネルギーの苦境に関する野心的な目標を達成できていない証拠が増えていることについては、ずっと注目度が低い。
23年1-9月の太陽光発電の導入は前年同期比47%減少した。
インドの発展によって世界の排出量の押し上げ圧力がさらに高まるリスクを世界が阻止するには、同国が世界初のグリーン産業革命の実現という野心を達成する必要がある。
実際には、全体の約5分の3が海や土壌、植物に吸収される。
同じようなことが世界の海にも起きているかもしれない。
 これは心配な兆候だ。
ブルームバーグ・ニュースやウォールストリート・ジャーナル、フィナンシャル・タイムズでの記者経験があります。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【コラム】2023年にかき消された最悪の気候ニュース-フィックリング

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう