おすすめ記事

【日本市況】長期金利1週間ぶり低水準、10年債入札無難-株式は反落

記事を要約すると以下のとおり。

4日の日本市場では債券が上昇した。
SMBC日興証券の奥村任シニア金利ストラテジストは、米連邦準備制度理事会(FRB)の次のアクションは利下げという見方を補強したと指摘した。
4日の高値で取引を終えた。
 日銀の見通しに沿って基調的物価上昇率が高まれば金融緩和度合いを調整していくと述べた。
新発国債利回り(午後3時時点) 先物2年債5年債10年債20年債30年債40年債 143円51銭0.600%1.860%2.220%2.0bp-2.220%2.0bp-3.0bp-3.0bp  株式  東京株式相場は反落。
供給過剰への懸念から原油先物相場の重しだった。
 IGオーストラリアの市場アナリスト、トニー・シカモア氏は、国債利回りの上昇や円相場は一時1ドル=155円台後半に上昇し、2週間ぶりの高値を付けた。
 大和証券の石月幸雄シニア為替ストラテジストは「月初2営業日目で新NISA(少額投資非課税制度)絡みのリアルマネーや、それに便乗した短期筋のドル買いが入ったのだろう」と指摘。
  。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【日本市況】長期金利1週間ぶり低水準、10年債入札無難-株式は反落

Twitterでフォローしよう