おすすめ記事

【日本株週間展望】日経平均3万2000円維持か、日米欧が金融政策発表

記事を要約すると以下のとおり。

7月4週(24-28日)は日経平均株価が3万2000円台を保つ値動きになりそうだ。
世界の景気敏感株と評価される日本株も堅調で、7月3週ぶりに反発した。
 フェデラルファンド(FF)金利先物市場が示す25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の利上げ確率は9割以上。
 欧州中央銀行(ECB)が27-28日に開く金政策決定会合の焦点は、債券市場への影響が強いイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)政策の修正に動くかだ。
ブルームバーグが実施した調査では、修正すると予想したエコノミストは全体の18%と前回調査から減少。
日銀の政策修正観測は根強く、株式相場の上値は追いにくい。
FOMCは変更があってもなくても株価が動く可能性があるため、株式市場は様子見ムードが強まりそうだ。
  。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【日本株週間展望】日経平均3万2000円維持か、日米欧が金融政策発表

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう