おすすめ記事

【日本株週間展望】続伸へ、海外半導体決算に期待感-金利動向は警戒

記事を要約すると以下のとおり。

10月第3週(16-20日)の日本株は続伸しそうだ。
 国内外の金利動向は引き続き株式市場にとっての警戒材料だ。
さえない入札結果が続く米国でも、18日にパウエルFRB議長がニューヨークで講演するのをはじめ、リッチモンド連銀総裁らの講演、討論会出席が相次ぐ。
《市場関係者の見方》T&Dアセットマネジメントの浪岡宏チーフ・ストラテジスト  日本株は値固めをしていく週になろう。
半面、国債入札や米金融当局者らの発言が予定され、金利が下がるようなら米国株のサポート材料となりそう。
米小売売上高は強過ぎない巡航速度か。
  。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【日本株週間展望】続伸へ、海外半導体決算に期待感-金利動向は警戒

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう