おすすめ記事

【米国市況】ナスダック100、月間で7月以来の大幅高-ドル130円前半

記事を要約すると以下のとおり。

31日の米株式相場は反発。
米利上げペース減速の論拠強まる(2)  ムーレンカンプのポートフォリオマネジャー、ジェフ・ムーレンカンプ氏は、最近の株式や債券の上昇は米金融当局が目指す金融状況の引き締めに寄与しないと指摘。
1日のパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見については、「市場に対し現在やっていないことをやるよう引き続き促す見込みだと述べた。」
市場を動かしているのは年後半の米金融政策を巡る思惑だと続けた。
同利回りは月間ベースでは30ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)余り下げ、昨年11月以来の大幅低下となった。
 円は対ドルで小幅上昇し、1ドル=130円前半。
ただし、FOMCは5.25%のピーク水準に向けまだ利上げの可能性を十分に残すはずで、当局は政策金利が5%を超える水準まで利上げを続け、24年までその水準で据え置く用意があるとパウエル氏は「米金融当局が小幅な利上げに再びペースを減速させる可能性が高い中、市場はこれを当局の決意が弱い証しだと間違って解釈する可能性もある」とリポートで指摘。
原油  ニューヨーク原油先物相場は3営業日ぶりに反発し、1バレル=78ドルを上回って引けた。
中国のコロナ制限措置解除で世界の需要が拡大していることから、生産計画が維持されれば、原油価格への上昇圧力となる。
ロンドンICEの北海ブレント3月限は96セント高の85.46ドルで引けた。
金  ニューヨーク金相場は4営業日ぶりに上昇。
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は、6.10ドル(0.3%)高の1オンス=1945.30ドルで終了した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】ナスダック100、月間で7月以来の大幅高-ドル130円前半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう