おすすめ記事

【米国市況】ナスダック100指数、過去最高値-ドル上昇し142円台前半

記事を要約すると以下のとおり。

ハイテク株の比重が高いナスダック100指数はこの日、2年ぶりに終値ベースで7週連騰。
 エバコアのクリシュナ・グハ副会長はニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁による発言について、「数年かけてゆっくりと正常化していく軌道への誘導が目的だと考えている。」
 アトランタ連銀のボスティック総裁はロイターに対し、来年後半に2回の利下げしか予測していないと発言。
「それは近いうちに実現する可能性が高い。」
事業売却を検討するためアドバイザーと協力していると、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。
経済データへの反応は限定的だった。
国債直近値前営業日比(bp)変化率米30年債利回りも下げ、一時4%を下回った。
 BMOファミリー・オフィスのキャロル・シュライフ最高投資責任者(CIO)は「債券利回りは今年、著しく変動性が高かった。」
外為  外国為替市場のドルは上昇。
金属価格の上昇と、中国の景気刺激措置が好感された。
ECB政策委員会メンバーのミュラー・エストニア中銀総裁は、ECBが来年上期に利下げを開始することに賭けるなら、市場は先走りすることになるとの考えを示した。
そのコントラストは何かが間違っているという印象を与えていると述べた。
1週間ベースのボラティリティーは17.2%。
ユーロ圏PMI、さらに悪化-景気後退入りの確率「極めて高い」原油  ニューヨーク原油先物相場は小反落。
 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油は早い時間帯には買われていた。
ロンドンICEの北海ブレント2月限は6セント下げて76.55ドル。
 スポット価格は早朝の時間帯には上昇していたが、ニューヨーク連銀総裁の発言を受けて来年早期の米利下げ観測が後退し、売りが優勢となった。
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比9.20ドル(0.45%)安の1オンス=2035.70ドルで取引を終えた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】ナスダック100指数、過去最高値-ドル上昇し142円台前半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう