おすすめ記事

【米国市況】円は対ドルで下落、154円台後半-S&P500種は小幅高

記事を要約すると以下のとおり。

7日のニューヨーク外国為替市場で円相場は下落。
 ブルームバーグ・テレビジョンとのインタビューでサラベロス氏は「円安の根本的な要因は、日本の実質金利がマイナス2%を下回る極端なマイナスであることだ」とし、「そうである限り、また日銀が早急な利上げを行わない限り、円は弱いままだとわれわれは考えていると語った。
 カシュカリ総裁は、インフレが当局目標への道筋を進んでいるとの確信が得られるまで、金利を現行水準に「長期間」維持する方針だと語った。
それは最も可能性は排除しないと述べた。
市場関係者の間では、米株がこの先も上昇を維持できるかどうかで意見が分かれている。
ゴールドマン・サックス・グループは、株式エクスポージャーを拡大している商品投資顧問業者(CTA)は相場がどの方向に進んでも今後1週間は株を買う構えだと指摘している。
 アメリプライズ・ファイナンシャルのチーフ市場ストラテジスト、アンソニー・サグリンビーン氏は、市場のボラティリティーを再び上昇させる可能性がある多種多様な経済的および地政学的なリスクへの警戒を怠るべきではないと指摘。
 「投資家は資産クラスを分散してバランスを取ることで、そうしたボラティリティーを軽減し、ポートフォリオを軌道に乗せておくことが可能になる。」
 米10年債利回りは約3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下。
地政学的な緊張は高い状態が続いているほか、テクニカルな水準が相場を支えた。
100日移動平均となる78.15ドル近辺が支持線となった。
ラファでの軍事作戦継続を表明した。
ロシアのノバク副首相は、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国で構成される「OPECプラス」が、次回6月に開催する会合を控え、増産の可能性を含む選択肢について分析を行っていると述べた。
 金スポット相場は反落。
原題:StockRallyWaversasS&P500BrieflyTops5,200:MarketsWrapDollarTradesMixedasYenandCommodityFXRetreat:InsideG-10DollarJumpsMostinaWeekasYieldsPareDrop:InsideG-10OilSteadiesasTechnicalsProvideSupportAfterMonthlongSlumpGoldEdgesLowerAfterGettingaLiftFromFedRate-CutHopes。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】円は対ドルで下落、154円台後半-S&P500種は小幅高

Twitterでフォローしよう