おすすめ記事

【米国市況】円売られ159円80銭台-S&P続落、エヌビディア安い

記事を要約すると以下のとおり。

21日のニューヨーク外国為替市場では、円が対ドルで下げ幅を拡大し、159円80銭台まで値下がりした。
 ノムラ・インターナショナルの通貨ストラテジスト、宮入祐輔氏は「ドル・円の相場水準より上昇ペースの方が重要だ。」
    ブルームバーグ・ドル・スポット指数は5週連続の上昇で、2月以来の長期連続高。
 マネックスの外国為替トレーダー、ヘレン・ギブン氏は「米金融当局の見通しはなお流動的だ。」
6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合後に公表された当局者の金利見通しでは、年内の予想利下げ幅が3月時点の75ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)から25bpに縮小したと指摘。
 日本の当局は、過度な変動があれば適切な行動を取る構えをみせている。
スイス・フランに対するショートポジションは今月、2021年11月以来の高水準に達している。
スイス中銀、再び利下げ-景気支援とフラン上昇抑制 (1)  金融市場が比較的落ち着いているため、ドル高の流れは続くだろうと指摘。
そのためトレーダーは一斉に既存のポジションを構築するか決める必要に迫られる。
また、S&P500種は続落したPhotographer:MichaelNagle/Bloomberg  エヌビディアはこの2日間で時価総額2000億ドル余りを失った。
エヌビディア、株続落で時価総額で世界首位に押し上げただけでなく、ハイテクファンドへの記録的な資金流入を後押ししたと指摘した。
投資家はAI関連へのエクスポージャーを増やす必要性をなお感じているものの、「あらゆる資産運用者が株式の集中リスクを懸念しているとハーネット氏は述べた。」
5月の米州担当最高投資責任者(CIO)、ソリタ・マルチェリ氏は、投資家は大荒れの展開にも備えるべきだと指摘。
「下半期は移行とボラティリティーの局面となりそうだ。」
早い時間では、弱いユーロ圏のPMIデータを受けて独連邦債が大きく買われた流れが波及した。
欧州債市場では、ドイツ債に対するフランス債の上乗せ利回り(スプレッド)が拡大し、終値ベースで2012年以来の大きさに達した。
ただ、米原油在庫の縮小と燃料需要増加の兆候を受け、週間ベースでは上昇を維持した。
    米エネルギー情報局(EIA)が前日に発表した週間統計は、原油と石油精製品に対する需要の高まりを示した。
ロンドンICEの北海ブレント8月限は0.5%安の85.24ドルで引けた。
 TDセキュリティーズのグローバル商品戦略責任者、バート・メレク氏は今回のPMIを受け、「米金融当局がよりタカ派的スタンスを示唆するようになるかもしれないと述べた。」
原題:StocksFallas‘Key’RebalancePutsNvidiainPlay:MarketsWrap(抜粋)   DollarUpFifthStraightWeek,YenMaintainsLosses:InsideG-10  DollarWinningStreakExtendsIntoFifthWeekasYenSlumps  TreasuriesPareBund-LedGainsAfterUSJunePMIsBeatEstimates  OilRallyFizzlesAfterFuturesCrossIntoOverboughtTerritory  GoldDropsasTradersRethinkRateCutTimingAfterStrongPMIs 。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】円売られ159円80銭台-S&P続落、エヌビディア安い

Twitterでフォローしよう