おすすめ記事

【米国市況】円急伸し一時148円台、日銀が政策再修正の報道-株上昇

記事を要約すると以下のとおり。

外国為替市場で円が急伸。
これは日銀がイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)へのアプローチを変更しつつある兆候かもしれないと指摘。
しかし何か手を打てば上昇すると指摘。
イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの地上侵攻を巡り、リスクセンチメントが改善したことが背景。
株式終値前営業日比変化率S&P500種株価指数は終値で8月以来の大幅高。
米国株はこのままいけば月間ベースではなお3カ月連続安と、2020年3月以来最長の下落局面となる見通し。
「今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)決定や重要な経済・インフレ指標の発表、企業決算が数多く公表される最終週でもあり、非常に忙しい1週間になる」と述べた。
同指数が30を下回ると、売られ過ぎの兆候と市場の一部ではみられている。
「バリュエーションはあらゆるセクターで著しく低下している。」
株式にはなお前向きな見方を維持しているものの、地政学的リスクと金利を巡る懸念が相場を圧迫するため、同指数が従来の予想水準に年内達するには時間が足りないと同氏はみている。
市場では年末ラリーは望み薄-モルガン・スタンレーのウィルソン氏米国債  米国債は下落。
米財務省は10-12月(第4四半期)の借り入れ見通しを7760億ドルに下方修正した。
原油  ニューヨーク原油先物相場は反落。
 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は終値で1バレル=83ドルを下回り、3週間ぶりの安値。
30日はテクニカル上の支持線を下抜けた後に下げが拡大した。
その上で、地政学リスクに加え、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」による供給削減で下値が限定的となっていることから、「82ドルを下回る水準にある重要な下値支持線を強気筋が守ろうとする可能性はあると述べた。
金  金スポット相場は4営業日ぶりに反落し、1オンス=2000ドル超えとなっていた。
 ストーンXのアナリスト、ローナ・オコネル氏は、7.10ドル(0.4%)上げて2005.60ドルで引けた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】円急伸し一時148円台、日銀が政策再修正の報道-株上昇

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう