おすすめ記事

【米国市況】国債下落、大量の社債発行が重し-ドルは147円台後半

記事を要約すると以下のとおり。

5日の米金融市場では、米国債が下落。
原油が上昇し、インフレ懸念が強まったことが背景にある。
起債市場はこれより先、季節的に減速していた。
米国株  S&Pスーパーコンポジット住宅建設株指数は5.5%下げた。
株式終値前営業日比変化率S&P500種株価指数4496.83-18.94-0.42%ダウ工業株30種平均34641.97-195.74-0.08%  テスラを中心に大型株は上昇。
 JPモルガン・チェースのチーフマーケットストラテジスト、マルコ・コラノビッチ氏は今年の米経済成長は予想より弱くなり、米株投資家は失望を味わうことになるだろうと予想した。
米国株は経済を楽観し過ぎ、投資家は失望へ-モルガンSウィルソン氏  米連邦準備制度理事会(FRB)のウォラー理事は、米金融当局はさらなる利上げが必要になる可能性があると述べる一方、次回会合でどのような決定を下すべきかについては言及しなかった。
ウォラーFRB理事、9月の利上げ見送り支持を示唆(1)FRB、「もう少し利上げが必要な可能性-クリーブランド連銀総裁  JPモルガン・アセット・マネジメントのチーフグローバルストラテジスト、デービッド・ケリー氏は「米金融当局は濃い霧の中、浅瀬を航行しているようなものだ」と指摘。
インフレ鈍化や労働市場が引き下げ-インフレ改善で  ウルフ・リサーチのクリス・セニック氏は「悪いニュースは良いニュース」との見方に基づくトレーディングが先週活発になったことについて、過去6カ月にわたって株価を押し上げてきた「ディスインフレ」と「ソフトランディング」のシナリオを市場が引き続き確信している兆しだと指摘。
外為  ドル指数は3月以来の水準に上昇した。
中国:8月の財新サービス業PMIは51.8-予想53.5ECB、消費者のインフレ期待は7月に上昇-3年後も目標上回る(1)為替直近値前営業日比変化率ブルームバーグ・ドル指数1253.918.580.69%ドル/円¥147.73¥1.0722-$0.69%  米東部時間16時58分    ジェフリーズのFX担当世界責任者、ブラッド・ベクテル氏は「ドルがほぼ全ての通貨に対して上昇を続けているのは、世界各地でのPMIに関する一連の悪いニュースが原因のようだ」とリポートで指摘した。
原油高が追い風となった。
北海ブレント先物は昨年11月以来初めてバレル当たり90ドルを突破した。
これとは別に、ロシアも日量30万バレルの輸出削減を年内続けると明らかにした。
そのたため、今回のサウジの決定は市場予想を超える内容だった。
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は1.3%)高の1バレル=86.69ドルで終了。
金  金相場は下落。
     ブルームバーグ・ドル・スポット指数が一時0.8%安の1オンス=1926.86ドル。
一時は0.7%)安の1952.60ドルで終えた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】国債下落、大量の社債発行が重し-ドルは147円台後半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう