おすすめ記事

【米国市況】国債利回り低下、9月見送り観測で-ドル一時139円93銭

記事を要約すると以下のとおり。

26日の米株式市場ではS&P500種株価指数がほぼ変わらず。
株式終値前営業日比変化率S&P500種株価指数4566.75-0.25-5.5%で、主要政策金利を0.25-5.5%で、22年ぶりの高水準となった。
FOMC、22年ぶり高水準に金利引き上げ-追加利上げの可能性残す  決算もこの日の主な材料となった。
マイクロソフトは下落。
同社は7-9月(第3四半期)の業績について低調な見通しを示した。
 時間外取引ではメタ・プラットフォームズが上昇。
金利スワップ市場では、年内の0.46%米10年債利回り3.94%0.51%  米東部時間16時55分  キー・プライベート・バンクの債券担当マネージング・ディレクター、ラジーブ・シャルマ氏は「われわれの見解では、利上げサイクルは終了し、FOMCは年内にわたって金利を維持するだろう。」
外為  外国為替市場ではドル指数がFOMC声明後に下げ幅を拡大した。
為替直近値前営業日比変化率ブルームバーグ・ドル指数1210.87-3.04-0.00320.66-0.00320.00320.00320.66-0.66-0.29%  米東部時間16時55分  ジェフリーズのストラテジスト、ブラッド・ベクテル氏はFOMCについて、「フェアウエーの真ん中にボールを置いているように見える。」
 TDセキュリティーズのチーフFXストラテジスト、マーク・マコーミック氏は「ドルは対円で1ドル=140円を割り込んでいくとみている。」
原油  ニューヨーク原油先物相場は反落。
しかし、米国の主要な原油受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの在庫が5月以来の低水準近くにとどまっていることから、下げは限定的だった。
金  ニューヨーク金相場の妙味が高まっているとみている。
金スポット価格はニューヨーク時間午後3時56分現在、0.5%高の2009.50ドルで終了した。
 原題:DowAveragePostsHistoricRun,YieldsDroponFed:MarketsWrap(抜粋)DollarExtendsLossasPowellSpeaks;YenOutshines:InsideG-10OilSlipsasUSStockpileDrawDisappoints,FedHikesRatesGoldRisesasTradersPositionforFedPolicymakerstoHike。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】国債利回り低下、9月見送り観測で-ドル一時139円93銭

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう