おすすめ記事

【米国市況】国債反落、経済指標堅調で楽観論弱まる-ドル138円後半

記事を要約すると以下のとおり。

14日の米金融市場では国債が反落。
「個人消費を左右する最も重要な要素は引き続き雇用で、それは依然として底堅い。」
しかし3つの理由から、株式よりも質の高い債券を引き続き選好しているという。
そうした状況は債券にとって望ましいが、総じて株式には不利だ。
週間ベースではなお6月半ば以来の大幅高となり、この日の動きは「値固め」だとの声が聞かれた。
決算が医療コスト急騰を巡る不安を和らげる内容となった。
 バンク・オブ・アメリカ(BofA)のストラテジスト、マイケル・ハートネット氏は、景気が過熱もしないし冷え込みもしないだろうという市場の楽観論は長続きしない公算が大きいと分析。
対円では一時0.56%ユーロ/ドル$1.1228$0.8%高の1ドル=139円16銭を付けた。
日本銀行が今月の会合でイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)政策を修正するという当社エコノミストの基本シナリオを市場がもっと完全に織り込んだ場合には、7月の日銀会合にかけて円にはなお一定の上昇余地があると考えるとリポートで指摘した。
「円選好の見方を維持するほか、ユーロの判断を最も選好すべき通貨に引き上げる」と続けた。
利益確定の売りが出たことに加え、200日移動平均線が上値を重くした。
WTIは4月に200日移動平均線に近づいたが、昨年8月以来、同水準を超えていない。
ロンドンICEの北海ブレント9月限は同1.49ドル安の79.87ドル。
米経済指標がインフレ鈍化を示し、米利上げサイクルが終わりに近づいているとの観測が強まったことから、週間では1.7%高。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】国債反落、経済指標堅調で楽観論弱まる-ドル138円後半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう