おすすめ記事

【米国市況】大型ハイテク株が3週続落-円は続伸し145円台前半

記事を要約すると以下のとおり。

米株式市場では大型ハイテク銘柄が週間ベースで3週続落となり、今年に入り最長の下落局面となった。
ダウ工業株30種平均は小幅高。
    CIBCプライベート・ウェルスUSのデービッド・ドナベディアン最高投資責任者(CIO)は「債券利回りが今後も上昇し続ける、また経済は強過ぎ、米金融当局はさらなる利上げが必要になるのではないかと、投資家は懸念している」と指摘。
 リポートで同氏は、「経済の再加速に対する期待が高まっているとしつつ、「成長の強まりでインフレ圧力が再燃するリスクがあるという証拠はほとんどなく、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が昨年のシンポジウムで利用したタカ派的内容の台本を再度利用する必要はないと、われわれは考えていると記した。」
バンク・オブ・アメリカ(BofA)のマイケル・ハートネット氏は、中国の経済混乱や債券利回りの上昇を踏まえると、株価はさらに4%値下がりする可能性がある。
米株式オプション市場に再び脚光、2兆ドル相当の満期が18日に到来米国債はまちまち。
円は主要通貨全てに対して値上がり。
ブルームバーグ・ドル・スポット指数は続落となった。
ただ、週間で2ドル近く下落。
弱い経済データに加え、中国住宅市況の悪化がリスク資産への重しとなった。
  WTI先物9月限は、前日比86セント(1.1%)高の84.80ドル。
金  金スポット相場は小幅に5日続落。
 17日に発表された米新規失業保険申請件数は5週間ぶりの大幅減少となり、雇用主が人員削減を思いとどまっている状況が示唆された。
 金スポット相場はニューヨーク時間午後3時6分現在、前日比1.30ドル(0.1%安の1オンス=1887.89ドル。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】大型ハイテク株が3週続落-円は続伸し145円台前半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう