おすすめ記事

【米国市況】安全資産買い、仏政治不安でリスク警戒-ドル157円台前半

記事を要約すると以下のとおり。

この状況が新たなソブリン債危機に発展するには程遠いが、政府債務の急増や予算の肥大化が懸念される中、欧州(特にフランス)の動向は市場に懸念をもたらしていると述べた。
クリーブランド連銀のメスター総裁は、最新の物価統計が歓迎すべきものであったにもかかわらず、インフレリスクは依然として上方向に傾いているとの見方を示した。
 米国債相場は上昇。
週間ベースでも4週連続で上げた。
為替直近値前営業日比変化率ブルームバーグ・ドル指数1266.912.480.0032-0.340.0032-0.0032-0.22%ユーロ/ドル$1.0705-$0.340.340.0032-0.0032-0.30%  米東部時間16時57分  ニューヨークの取引時間帯に対ドルでの円相場は下落。
週間では4月以来の大幅上昇となった。
OPECプラスはその後、必要に応じて減産幅縮小を一時停止または撤回する可能性があると強調している。
欧州のディーゼル市場では製油マージンが2か月ぶりの高水準となり、需給ひっ迫を示唆した。
週間では3.9%上昇した。
米金融当局が近く利下げを開始するとの見方に加え、フランスで政治危機が深まっていることが支援した。
 金は逃避先としての需要に加え、中央銀行や中国消費者による買いで、今年に入って約13%上昇。
「米金融当局は依然として利下げに慎重であり、中銀による支援も弱まっている」と述べた。
原題:TradersShunRiskasFrenchTurmoilRattlesGlobe:MarketsWrap(抜粋)TreasuriesExtendWeeklyCurve-FlatteningRally,PacedbyBundsDollarRisesforFourthWeekAmidBidforSafety:InsideG-10OilPostsWeeklyReboundFromOPEC+DipasFuelsShowStrengthGoldSetforFirstWeeklyGaininFouronFedBets,EuropeAngst    。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】安全資産買い、仏政治不安でリスク警戒-ドル157円台前半

Twitterでフォローしよう