おすすめ記事

【米国市況】株が今年最大の下落、FOMC利下げ急がず-147円付近

記事を要約すると以下のとおり。

31日の米株式相場は大幅下落。
FOMC、金利据え置き-3月利下げの可能性低いとパウエル議長(3)  TDセキュリティーズのオスカー・ミュノス氏は「株式強気派が3月の利下げを期待していたとすれば、パウエル議長はその可能性を閉ざしたようだ」と述べた。
マイクロソフトやグーグルの親会社アルファベットが下落。
インフレは想定よりも速いペースで下がってきたが、これが持続可能かどうかが、利下げ開始時期に関する当局の判断の中心になる。
 プリンシパル・アセット・マネジメントのシーマ・シャー氏は、「ここ1カ月は強い経済指標が相次いだ一方、物価圧力は弱まりつつあるため、FOMCが利下げのフォワードガイダンスを示すのに消極的だというのは意外ではない。」
 S&P500種はこの日の下げにかかわらず、月間ベースでは3カ月連続の上昇。
ストック・トレーダーズ・アルマナックによると、1938年以降、1月バロメーターの的中率は約74%となっている。
1月の米ADP民間雇用者数は10万7000人増と、伸びが市場予想を下回った。
米雇用コスト指数、予想下回る-インフレ圧力緩和の新たな兆候(1)米ADP民間雇用、1bp=0.01%)低下する場面もあった。
NYコミュニティ・バンコープ株が45%下落、予想外の損失で減配(2)国債直近値前営業日比(bp)変化率米30年債利回り4.17%-12.0-2.96%米2年債利回り3.00%  米東部時間16時54分  PGIMフィクスト・インカムのグレッグ・ピーターズ共同最高投資責任者(CIO)は、インフレ率が当局の目標に向かって「奇跡的な」低下を見せた後、市場はインフレがもらす脅威をあまりにも早急に否定してきたと指摘。
規模拡大-来年まで追加の増額ないと示唆(2)外為  ドル指数は上げに転じた。
FOMCの声明発表前までは、米国の地銀を巡る不安に加え、雇用の伸びが予想以上に減速しつつあることから、ドル売りが優勢になっていた。
クッシングは米国最大の貯蔵拠点。
紅海とその周辺での船舶攻撃で石油タンカーの通航に影響が出ていることや中東での緊張激化が背景にある。
3月限はこの日が最終取引日。
パウエルFRB議長が利下げを急がない姿勢を示したことを受けてドル指数が上昇し、米国債利回りが下げ幅を縮小したため、金相場は通常、金利と逆相関の関係にある。
一時は0.8%)高の2067.40ドルで取引を終えた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株が今年最大の下落、FOMC利下げ急がず-147円付近

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう