おすすめ記事

【米国市況】株と国債は荒い動き、CPI後に-ドルは145円台前半

記事を要約すると以下のとおり。

11日の米金融市場では株、国債ともに変動の大きな展開となった。
つまり、当局の利上げは終了し、市場の織り込みより若干遅れるとしても2024年中には政策が緩和されると投資家はほぼ確信していることになる。
 クリーブランド連銀のバーキン総裁は、3月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合での利下げを検討するのは時期尚早との見解を示した。
 その上で、「当初の期待に対する市場の熱狂は行き過ぎだったと考えられるものの、ようやく米利下げが見通せる状況になったようだ。」
今回の統計はこの見方を変えるものでは一切ないと指摘。
日本製鉄の米USスチール買収計画に関して、米当局による国家安全保障上の審査は年内には結論が出ず、2025年に突入する可能性がある。
日鉄によるUSスチール買収、審査に1年以上かかる可能性-関係者  ボーイングも値下がり。
米連邦航空局、ボーイングの正式調査開始-737MAX-9事故受け  レンタカー大手ハーツ・グローバル・ホールティングスも安い。
レンタカーのハーツ、電気自動車2万台を売却へ-ガソリン車に再投資米国債相場は上昇(利回りは低下)CPI発表後に下落し、しばらく方向感に欠ける展開が続いた後、午後に上昇した。
5年債先物のブロック取引も影響した。
外為  外国為替市場でドルは下落。
    スコシアバンクのショーン・オズボーン氏は「私はむしろ、ドルのパフォーマンスが向こう数週間に改善する余地が多少あると感じている。」
CPI発表後は一時1ドル=146円41銭に下げる場面もあったが、午後に反転した。
今回の事件は中東で起きている海運の混乱にもかかわらず、原油相場は今年に入って明確な方向性には欠けている。
「今年は恐らくレンジ相場が続くだろう」とブルームバーグTVで語った。
12月の米CPIは予想以上に加速し、金融当局のインフレとの闘いがまだ終わっていないことが示唆された。
     ニューヨーク商品取引所の金先物2月限は前日比8.6ドル(0.4%)安の1オンス=2019.20ドルで終了した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株と国債は荒い動き、CPI後に-ドルは145円台前半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう